不安に悩んでいる方・患者さんご本人へ

社交不安症(SAD)の治療ステップ

お薬の服用の大切さ

知っておいてほしいこと①
社交不安症(SAD)の治療の柱は「お薬の服用」と「精神療法」です。お薬には頼りたくないという人もいますが、正しく使用すれば効果がみられますので、きちんと服用していきましょう。
社交不安症(SAD)の治療で服用するSSRIには、脳内の神経伝達物質のバランスを整える作用があり、社交不安症(SAD)の症状を改善する効果があります。

知っておいてほしいこと②
ただし、SSRIを飲んだらすぐに効く・・・というわけではありません。
ほとんどの場合、効き目はゆっくりで、効果を自覚できるまで数週間から数ヵ月かかります。
また、症状がなくなってからも、症状の再発を抑えるために一定期間はお薬を飲み続ける必要があります。

知っておいてほしいこと③
SSRIは正しく服用してこそ、十分な効果が得られます。
自己判断でお薬を飲むのをやめたり量を調整したりせず、心配なことや疑問がある場合には、必ず医師に相談してください。

知っておいてほしいこと④
SSRIの飲み始めの時期には吐き気やむかつき、下痢などの副作用があらわれることがあります。通常、これらの副作用は次第におさまっていきますが、気になる場合は医師に相談してください。

ページトップへ