不安に悩んでいる方・患者さんご本人へ

社交不安症(SAD)の原因

脳内の情報伝達信号の乱れ

社交不安症(SAD)の人は不安な状況に対し、健康な人よりも脳の反応が過敏になっています。

また、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れ、特に「恐怖・不安」を和らげる役目を果たすセロトニンの量が低下していると考えられます。

健康な場合と社交不安症(SAD)の場合の神経伝達物質(セロトニン)の様子
健康なとき 社交不安症(SAD)では

ページトップへ