ご家族・パートナーの方へ

私にできることはなんだろう?

あなた自身が疲れ果てないために

社交不安症(SAD)は適切な治療をすれば改善しますが、多くの場合、長期戦となります。
患者さんとともに治療を続けていく中で、思うように改善しないと、ご家族やパートナーの負担も大きくなり、「なんでもっと早く気づけなかったのだろう」「私の接し方が悪いのではないか」と自分を責めてしまい、心身ともに疲れ果ててしまうことがあります。

ご家族・パートナーの方にとって一番のポイントは、過度な期待をせず、“ゆっくり待つこと”です。
社交不安症(SAD)の治療には時間がかかることを念頭に置き、いずれ良くなっていくことを信じて、自分自身の健康も大切にしてください。

ご自身の健康にも気を配りながら大切な人をサポートしてあげてください。

ページトップへ