ご家族・パートナーの方へ

私にできることはなんだろう?

大切な人が社交不安症(SAD)であることがわかった場合、何よりも大事なのは“一緒に治療をしていこう”という気持ちを持って本人と接していくことです。

ご家族の中には「私の育て方が良くなかった」と自分を責めてしまう人もいますが、この病気は脳内の情報伝達信号が乱れることで起きるので、家庭での教育とは直接的な関係はありません。
あまり自分を責めないようにしてください。

まずは、社交不安症(SAD)を正しく理解することから始めていきましょう。

ページトップへ